観光スポット
中央やや左の氷柱がカネツコロ

中央やや左の氷柱がカネツコロ

白馬山麓県立自然公園にあり、標高は1,487m。

鬼ヶ面山(標高1,591m)、鋸岳(標高1,631m)と併せて海谷山塊と呼ばれ、秋には素晴らしい紅葉が訪れる人を迎えてくれます。

また、冬には全長100mを越えるカネツコロ(大つらら)ができ、シーサイドバレースキー場から岩肌と氷のコントラストを望むことができます。

 

 

 

 

 

 

 

営業期間

標高 1,487m

レベル 中級者向け (西海ルートよりも根知ルートの方が難易度高。)

ポスト なし

シーズン 6月上旬~(2022年6月5日㈰整備完了予定)※雪解けは5月下旬~6月上旬。4月~5月はアイゼン必要。

情報  別名「頚城駒ヶ岳」とも呼ばれる。糸魚川の中では比較的登りやすい山。

●ルートや登山口の確認はこちら(登山マップPDF)

●道路通行状況はこちらは確認ください。

アクセス

●西海ルート(駐車場:海谷三峡パーク駐車場)

車の場合:糸魚川ICから車で50分/電車の場合:糸魚川駅からバスで40分、バス停来海沢で下車徒歩180分

①海谷三峡パーク駐車場へ駐車(駐車台数33台)

②海谷三峡パーク入口付近に登山道標識があり、そこが登山口となる。(近くに湧き水の飲み場があるためわかりやすい。)

 

〈ルート情報〉行き:3時間20分/帰り2時間20分

登山口から山頂まで、比較的なだらかな道を進む。時期によっては雪渓が残っており、トラバースする必要がある箇所もある。

 

●根知ルート(駐車場:根知ルート登山口)

車の場合:糸魚川ICから車で30分/電車の場合:糸魚川駅からバスで40分、バス停大神堂で下車

①根知ルート登山口に駐車(駐車台数5台)

②すぐ脇に標識があり、そこが登山口。

 

〈ルート情報〉行き:3時間/帰り2時間

コースタイムは西海より早いが、バンドと呼ばれるガレ場や、梯子場が何か所かあるため、難易度自体は西海ルートより上。

観光スポット

PAGETOP