文化財・伝統芸能

おててこ舞(根知山寺の延年)

おててこ舞は、根知地区山寺集落で古来から保存・伝承されている「根知山寺の延年」のことをいい、舞の中の有名な踊り「おててこ舞」が一般に祭りの総称として広く親しまれ…

天津神社春大祭(糸魚川けんか祭り)

五穀豊穣を祈りぶつかり合う二基の神輿 天津神社春大祭は近年、〈けんか祭り〉として知られているが、近郷近在では昔から〈十日の祭り〉と呼ばれ、春はこの祭りを境にかけ…

日光寺けんか祭り

一の宮けんか祭りの1週間後に行われる日光寺けんか祭りは、真言宗日光寺と白山神社の祭礼が同時に行われる神仏習合のお祭りです。神輿同士のぶつかる音が派手に響き、観客…

能生白山神社春季大祭

毎年4月24日に行われる大祭で奉納される舞楽は、市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つ。室町時代の中頃には大阪四天王寺から伝承され、舞楽が奉納されていたとい…

藤崎観音堂「裸胴上げ」まつり

糸魚川ジオパークの稀祭糸魚川市指定無形民俗文化財毎年1月17日に能生地域藤崎観音堂で行われる小正月行事。身を清め六尺ふんどしをしめた裸の若衆が、その年の厄年の人…

青海の竹のからかい

糸魚川ジオパークの稀祭国指定重要無形民俗文化財「青海の竹のからかい」は小正月行事のさいの神と一連のものです。市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つであり、江…

さいの神

さいの神は、日本各地に伝わる小正月の伝統行事です。竹や木の骨組みにワラを積みあげてさいの神を作り、正月飾りや書き初めなどと一緒に燃やして豊作や豊漁、無病息災を祈…

PAGETOP