文化財・伝統芸能

御館の乱 景勝側勝利の立役者-荻田主馬-

荻田氏三代の墓

荻田氏は糸魚川城主や高田藩家老を務め、戦国時代末期から江戸時代初期まで、当地域の政治の中枢を担った家柄です。
能生谷 小見の龍光寺にある3基の五輪塔は、中央に龍光寺開基といわれる2代目の主馬(孫十郎長繁)、左に3代目の孫十郎、右に4代目の隼人のもので戒名と没年月日が彫られています。

荻田主馬と天地人

上杉謙信亡き後の上杉景勝と景虎との後継争い「御館の乱(おたてのらん)」で、荻田家2代当主の荻田主馬は景勝方として目覚ましい活躍をしました。当初優勢であった景虎方の有力武将、北条景広(きたじょう・かげひろ)に死にいたる深手を負わせ、景勝方の勝利を決定付けました。
この功績により主馬は、景勝からも功第一と賞賛され、糸魚川城主に任じられ、1万石を領しました。
龍光寺には寺宝として2代目主馬の肖像画や鞍、鐙が伝えられています。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
所在地

糸魚川市大字小見

アクセス
  • 車の場合
    北陸自動車道IC下車、県道246号を右折し西飛山方面へ約3キロ
  • 電車の場合
    JR能生駅下車、駅前バス乗り場から「能生西廻り西飛山行き」 で10分
    バス停 龍光寺前(りゅうこうじまえ)下車後、徒歩5分

PAGETOP