観光スポット

黒姫山(くろひめやま)は全山石灰岩からなる独立峰で、日本三百名山に数えられています。
昔から、奴奈川姫ゆかりの地として山そのものが神体化され、地元民から崇められてきました。
日本で最深の白蓮洞(びゃくれんどう)をはじめとする竪穴群のマイコミ平は山腹に位置しています。(※入山規制あり)
現在は、日本海や糸魚川市街地を一望できる登山スポットとして、多くの登山客が当地を訪れています。

姫川から黒姫山を望む

姫川から黒姫山を望む

山頂から糸魚川市街地を望む。

山頂から糸魚川市街地を望む。

黒姫山清水倉ルート登山口

黒姫山清水倉ルート登山口

黒姫山の概要

  • 黒姫山(くろひめやま)
    1,221.5m
    緯度36°58′36″・経度137°47′24″
    300名山番号 … 173番(日本山岳会選定)
  • 清水倉(しみずくら)ルート(糸魚川市大字橋立字清水倉)

歩行時間

登り:約4時間30分
下り:約3時間

注意事項

電気化学工業(株)青海工場の「青海(おうみ)鉱山ルート」からの入山は、新鉱区の開発工事のため平成20年4月から使用できなくなりました。
また、明星セメント(株)糸魚川工場の「田海(とうみ)鉱山ルート」からの入山はできません。

  • 携帯電話(NTTドコモ)は山頂からのみ通信可能。登り口から山頂までの間は不通。
  • 黒姫山一帯の鉱山では石灰石等の原石を採掘しており、鉱山道への進入は危険。絶対に入らないこと。
  • 登り口から山頂までには、道標・樹木にテープ・塗料等でマーキングしてある。
  • クマ・イノシシ・サル等の野生動物が出没する。鈴など音のでるものを携行すること。
  • 水場は標高800mの「金木平」にあるが、夏7月には涸れる。例年5月中旬ころまでは標高1010mの沢に雪渓がある。飲料水は必携。

「清水倉ルート」は地元の橋立(はしだて)区が山林管理や黒姫権現への参拝道として開設した歩道です。歩道の維持管理や入山者の遭難・事故等については、土地の所有者・管理者及び糸魚川市は一切の責任を負いかねます。入山行為は自己責任のもとで利用願います。

ダウンロード

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
所在地

新潟県糸魚川市(旧青海町)大字田海字不動滝4491-1

アクセス
  • 車の場合(関東方面から)
    関東方面からは糸魚川インターチェンジで降りる
    国道148号から国道8号(青海・富山方面へ)
    国道8号の青海川橋手前「港町信号」を左折
    県道(橋立青海停車場線)・青海川跨線橋(ループ橋)を通り、青海川沿いに(途中に電気化学工業(株)青海工場あり)清水倉登山口へ(道標あり)。
  • 車の場合(関西方面から)
    関西方面からは青海・親不知インターチェンジで降りる
    国道8号(上越・新潟方面へ)
    青海川橋を過ぎ「港町信号」を右折
    県道(橋立青海停車場線)青海川跨線橋(ループ橋)を渡る。以下は関東方面からのルートと同じ。
駐車場

登山口には駐車場なし。
「青海総合文化会館きらら青海(糸魚川市大字青海4657-3)」駐車場を使用。会館から登山口まで徒歩約1時間。タクシーで約10分。

観光スポット

PAGETOP