糸魚川の楽しみ方

88体の石仏を巡る大自然アドベンチャー!!

巨礫と巨礫のすき間や、巨礫に入った割れ目等、奇石・巨岩の自然を活かし、四国巡礼と同じ霊場を設定した88体の石仏を巡るコースです。ほぼ四国霊場札所・本尊と88の石仏が一致し、四国の寺院の土砂が石仏の下に敷いてあります。湿度が高く植物群も豊かで、コケやシダが石仏に趣を与えています。玉瑞和尚が1866年(慶応2年)に地域の人たちが、四国まで行かなくてもここを巡礼することで平穏な幸福な人生が送れることを願って、越の伴家や11名の世話人をたてて、15年かけて完成させました。1番~88番までの延長距離は、1,805m。広さは東西500m、南北300m。面積は31,000㎡。所要時間は約2時間。


 

 

 

 

 

見どころ

地獄谷=百畳敷の大岩。底から見上げた景色は圧巻。

硫黄の洞窟=硫黄でできていると言われている。

天掛け橋=天国と下界をつなぐ橋。

酒盛り岩=御尊体の付近を踏ん張ると「どんどん」と音がする。

文殊坂=「文殊師利菩薩」の坂でここを通るといい知恵が浮かぶといわれている。

天狗の投げ岩=二つの大岩の間に挟まる丸い岩。天狗が力試しに投げたといわれている。

一宮・二宮=全国64州の神々が集う場所。

賽の河原=子供が死後に行くという冥途の河原。水子を供養する石が積まれている。

胎内くぐり=岩のわずかな隙間をやっとくぐる場所。

鬼返し=鬼が来てもこれ以上来られない難所。

猿の横顔=洞穴内の岩を横から見ると猿の顔に似ている岩。

見送り岩=順路の最後、巡礼を成就し、その思いと別れる岩。

 

 

 

 

 

 

 

私有地のため、入山には事前承認とガイドが必要です!!

ガイド申込み要項はこちら→http://www.itoigawa-kanko.net/enjoy/geoguide/

交通アクセス 北陸自動車道糸魚川ICより車で約30分

駐車場    あり

入山管理料  大人200円/子供100円

入山時間   午後2時まで

お問合せ   糸魚川市観光案内所 TEL 025-553-1785

PAGETOP